再生療法

トップページ > 再生療法

再生療法とは?

福岡ばば歯科インプラント・顎関節症治療センターでは、 インプラント治療、歯周再生療法にPRP(多血小板血漿)を用いています。

PRP(多血小板血漿)とは?

自己の血液を特別な方法で分離し、血液成分の中でも良く傷を治す成分(主にPDGF、TFF-β、IGF-Ⅰ、EGF等の成長因子)を濃縮し、その一部分を手術時に用いる手法です。
近年、再生医療の研究が進む中、本法の術式が確立され、創傷治癒の促進、止血効果、組織再生能、術後の疼痛軽減を目的に用いており、特に米では整形外科や、皮膚科領域においても広く臨床応用されています。
この手法はご自身の血液をその場で採取し用いるため、極めて安全かつ効率的に良好な結果の得られる手法です。

では、どのような効果が実際の歯科領域で得られるかと言いますと、外科的術式のすべてに良い結果が得られます。
具体的には、抜歯、歯周外科、インプラント手術、GBR、骨移植、サイナスリフト等に応用する事により術後の疼痛、腫脹を最小限にし、通常りも早期の治癒が期待できます。
特に、GBR、骨移植、サイナスリフト等の骨を造る処置においてその効果は大きいと思われます。
通常、骨移植やサイナスリフトを行うと骨が出来るまで6ヶ月間必要と言われておりましたが4ヶ月程度で出来上がります。
また骨移植の困難な症例に応用すると成功率を高くすることが可能です。

PRPはこのように行います

再生療法関連ワード

GTR法(組織誘導再生)

歯周外科処置だけでなく歯周病によって失われた組織を再生させる治療のこと。
歯根面と骨欠損部を人工の膜(メンブレン)で被覆し,歯周組織が再生するためのスペースを確保する方法をGTR法と呼びます。
GTR法=組織誘導再生=歯周組織再生誘導法=組織再生誘導法と様々な呼ばれ方をしていますがすべて同じです。

GBR法(骨誘導再生)

インプラントを埋入するための十分な土台を作るために吸収したり破壊されたりしている骨や歯周組織を再生させる方法です。

ボーングラフト(骨移植)

歯周病などで、骨が失われた部位に人工骨や、自分の骨を移植する、骨の再生治療です。

サイナスリフト

上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を上顎洞から剥離して挙上し、その挙上によってできたスペースに人工骨や他部位から採取した自家骨を移植する事により上顎洞底線の位置をあげ、インプラント埋入手術に必要な骨の厚みを獲得する方法です。

お知らせ

Dr.Baba Fukuoka Implant Watch

新スタッフブログ

旧スタッフブログ

矯正歯科ちゃんねる

IMPLANT WALKER

invisalign

#