インプラントインプラント症例価格・費用・料金インプラント治療の流れインプラントの基礎知識Dr 馬場正英の紹介患者様の声よくある質問事例ホーム
価格・費用・料金

さて、今までインプラントってどんな治療なのかや様々なインプラント症例をご覧いただきましたが、一番気になるところが、インプラントって費用はいったいどれぐらい料金がかかるの?と思われている方が多いと思います。今回はインプラントの治療費についてご説明いたします。

福岡ばば歯科インプラント・顎関節症治療センターの費用・料金・価格体系です。
(金額は税別です)

インプラント(人工歯根 ) ¥250,000~¥350,000

インプラントは保険診療ではありませんので、自費診療扱いになります。

インプラント治療の内容が同じでもそれぞれの医療機関によって価格が変わります。

<インプラント治療の内訳>
1.インプラント埋め込み手術費用
2.アパットメント(上部構造と人工歯をつなぐ部品代)
3.上部構造(人工歯代)

かいつまんでいいますと、部品の代金、治療手術費、診断にかかる費用がかかります。

症状や部品の材質、施術医師の技術でインプラントの治療費用は大きく異なってきます。

また、骨の量がインプラントをおこなうのに不足している場合、骨を造る手術をしなくてはいけないため別途その骨を作る手術費用が必要です。

検討されている場合は無料でカウンセリングをしておりますので、お気軽に
福岡ばば歯科インプラント・顎関節症治療センターまでご相談ください。
当院はICOI(国際口腔インプラント専門医学会)認定医・日本顎咬合学会認定医
である院長の私(馬場)がインプラント手術・噛み合わせ治療を行います。

私の医院もやはり口腔内の状態で金額は変わってきます
事前にカウンセリングを受けていただいてから正式な治療見積もりをご提示いたします。

【※注意】
安易に安い金額の歯科医院は治療後、問題が出てくるところもある可能性があります
あとあと問題が起こらないように、保証内容や治療症例や手術経験が多く口コミでの紹介実績が多いところを選択されることをおすすめいたします。

【医療費控除】インプラント所得税軽減ワンポイントアドバイス

インプラントは自費治療のため、全額治療を行うと治療費は高額になりますが、
所得税が軽減される医療費控除という制度があるのをご存知でしょうか?

ここでは医療費控除について簡単にご説明いたします。

インプラントの手術代は高額医療費になりますので医療費控除という制度があり
所得税が軽減されます。
インプラントの費用は医療費控除が適用になります。つまり税金が軽減できます。
インプラントの医療費控除は1年間にかかった医療費が10万円以上のときに適用になります。
(※年収によっては10万円以下でも適用ケースがあります。)

医療費控除とは、所得金額から一定の金額を差し引くもので、
控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。

控除される金額:
(医療費の合計)-(保険金などで補填される金額の合計)-(10万円)
上限は200万円です。

その他詳細規定はインプラント治療をされる歯科医院にてご確認ください。

歯のお悩み相談・問い合わせは下記ダイヤルへお気軽に! 092-852-3422