インプラントインプラント症例価格・費用・料金インプラント治療の流れインプラントの基礎知識Dr 馬場正英の紹介患者様の声よくある質問事例ホーム

インプラントとは?

インプラントは人工歯根ともいわれ、歯の抜けた部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を入れて支柱とし、その上に支台部(歯を支える部分)と人工の歯をしっかりと固定する治療法です。

インプラントは“第3の歯”とも呼ばれています。
生後半年ごろから生え始める乳歯が第1の歯
6歳ぐらいに乳歯に代わって生えてくる永久歯が第2の歯
永久歯がなくなった後を補う歯としてインプラントが第3の歯
と言われている理由です。

また、インプラントというのは英語で「implant」=しっかり差し込むという意味です。
医学用語では移植するという意味です。

他の治療方法と大きく違い、例えば、あなたが事故や歯周病などで歯を失った場合、
一般的におこなわれているのは入れ歯やブリッジです。
上記方法では歯根は失われたままです。
しかし、インプラントでは歯根を再現できるのです。

だいたいインプラントがどういうものかご理解いただけましたでしょうか?

次に、私の医院で実施したインプラント治療手術症例をご覧ください。
≫≫インプラント治療症例

インプラントとは?

通常の治療の場合

健全な歯を削りたくない 入れ歯に違和感を感じる 入れ歯が動く
歯が1本抜けた場合、
両方の健全な歯を削って
ブリッジにします。
入れ歯に不快感を感じたり、
金属の留め金で固定するため、
支えている歯に大きな負担が
かかる場合があります。
噛みにくかったり、
発音・発生に不便を感じたり
する場合があります。

インプラント治療では

両方の健全な歯を
削りません
歯の抜けた所に
インプラントを植え込みます
入れ歯をしっかり
固定します
抜けた箇所にインプラントを植え込み、自然な歯の形を作ります。
健全な歯を痛めません。
金具つきではないので、
まるで自分の歯のように
よく噛めます。
数本のインプラントを植え込み、
入れ歯を維持装置で固定するため、
入れ歯が動かずよく噛めます。
インプラントとは?

■歯科用CTについて
インプラント手術や親知らずの位置の精査、歯周病治療、歯列矯正治療、歯の根の病などの、治療の正確な診断・治療計画には、3次元CTによる撮影が欠かせません。
より安全な歯科治療を提供するため、当院では、最新3次元歯科用CTを導入しております。
3次元歯科用CTを設置している歯科医院は決して多くはありません。
当院では、より多くの患者様にもご利用していただけるよう、お気軽にお問い合わせください。

■最新歯科用CTの特徴
3D画像化により、あごの構造をリアルに視覚化することが可能になりました。
診断に合わせて矢状面、水平面、前頭面、その他のスライス画像を最小0.076mmのスライス幅で表示することが可能です。これにより、更に精度の高い歯科治療が可能になりました。
患者様にも安心して治療を受けていただけるよう、診断結果をわかりやすく説明いたします。
当院のCTは上・下の顎にピンポイントでレントゲンの撮影ができるため従来の医科CTに比べ約1/100程度に被爆量を軽減することができますので、安全・安心です。


■最新3次元歯科用CTの活用事例
1.インプラント治療に
インプラント治療では、これまで2次元的なレントゲン撮影では得られなかった埋入する部位の術前の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)が3次元的に判断ができ、治療の精度も飛躍的に向上します。歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩です。

2.歯の神経等の治療に
歯根の形態(彎曲、破折線など)や、先端の病巣発見、治療後の治癒の状態など、正確に把握できます。
歯科用CT画像を使った正確な診断によって、根の病気の完治を目指しやすくなります。

3.親知らずの抜歯に
埋伏している位置の確認,周囲の骨や神経の走行状態の確認など立体的に判断・考慮して、治療を行うことができます。そのため、余分な切開や骨の切削などを避けることができます。

4.歯周病の治療に
歯周病は、細菌感染による骨の破壊が起きる病気であるため、骨の破壊の程度などをよりリアルに見て判断することができます。また、骨の状態からおおよその歯の寿命を積算し、予知性の高い治療が行えます。

5.歯科矯正治療に
正治療への利用では、術前の検査で顎骨の状態が正確にわかるので、歯の移動の限界が予測でき、治療計画の立案に役立ちます。 最適な治療方法を導くことは治療期間の短縮にもつながります。


歯のお悩み相談・問い合わせは下記ダイヤルへお気軽に! 092-852-3422